しっとり大人味、くるみモカパウンド【おいしいレシピ】

みなさんこんばんは(午前1時20分現在)。

 

夏です。

北海道も30℃くらいまで上がりました。

 

何を隠そう、私は夏が大好きです。

暑い中食べるスイカバー…とうもろこしにきゅうり…どれも本当においしいものたちばかり…

それに、夏は生き物たちが活き活きしてるんですよね。

植物とか虫とか、いつもよりかわいく見えてくるんですよ。

 

「今日はいつにも増して暑いねー!」

「ねーお出かけ日和だねー!」

 

といったように、生き物たちが話してる気すらするんです。

 

この夜中に何を書いてるんだ私は。

 

本題に入りますが、今回はレシピ紹介です。

今が旬の(?)くるみをたっぷり入れた、コーヒー味のパウンドケーキですね。

シロップを打ったり水あめを入れたりしているので、食感はかなりしっとりしています。

贈り物にいかがでしょうか。

ちなみに、オーブンを使うことで部屋の温度が少し上がるため、さらに夏感を楽しめます。

夏派の方も是非。


レシピ

スポンサーリンク
広告




材料

(11.5×6×5のミニパウンド型1台分)

<生地>

・バター…45g

・グラニュー糖…40g

・水あめ…4g

・卵…1個(50g)

・卵黄…1個分

・アーモンドプードル…20g

・薄力粉…40g

・くるみ…30g

・インスタントコーヒー…2~3g

・牛乳…10g

・ラム酒…5g

 

<シロップ>

・水…50g

・グラニュー糖…25g

・ラム酒…ちょろっち

 

<ミルクアイシング>

・牛乳…2g

・粉糖…10gくらい

 

<コーヒーアイシング>

・インスタントコーヒー…0.5g

・牛乳…2g

・粉糖…10gくらい

 

・ピスタチオ…3粒くらい

 

準備

・バター、卵、卵黄は室温に戻す

・生地に入れるコーヒーと牛乳は合わせて軽く温め、溶かしておく

・くるみ・ピスタチオは刻んでおく

・型にオーブンシートを敷く

・オーブンを170度に予熱しておく

 

作り方

 

1.生地を作る

①バターを泡立てる

ボウルにバターをほぐし、グラニュー糖も加え白っぽく空気を含むまでよく泡立てる。

水あめも加えて混ぜる。

 

②卵類、アーモンドプードルを合わせる

まず卵黄を先に合わせ、混ざったら卵を少しずつ加えていく。

半分くらい入れたら、アーモンドプードルを加えて軽く合わせる。

残りの卵も少しずつ混ぜる。

 

③粉類を合わせる

薄力粉をふるい入れてゴムベラでざっと混ぜ、くるみとコーヒー液もぽいぽいしてさっくり混ぜる。

最後にラム酒も合わせる。

 

④焼成

型に流し、160度で30~35分くらい焼く。

10分経過時、真ん中にナイフで切れ目を入れるときれいに割れます。

 

2.焼いている間にデコレーション準備

①シロップを作る

鍋に水と砂糖を入れて火にかける。

沸騰したら火を止め、ラム酒をちょろっとひと回し。冷ましておきましょう。

 

②アイシングを作る

ミルクアイシングとコーヒーアイシングの材料をそれぞれ混ぜ合わせ、もたっとした固めのアイシングを作っておく。

 

3.仕上げます

生地が焼けたら、熱いうちに全面にシロップを塗る。

アイシング、ピスタチオで好きなように飾る。

180~200度のオーブンで1分ほど焼き、表面を乾かしたら完成。

結晶化しないように。乾かしすぎに注意です。


まとめ

今回、分離させないようにいくつか策を講じております。

 

①卵黄を加えて乳化力を高める

卵を混ぜている途中でアーモンドプードルを混ぜこむ

 

動画内では卵黄も全部一緒くたにしてしまいましたが、先に混ぜることで乳化しやすくなったりしないでしょうか…

試した方いらっしゃいましたら是非教えてくださいませ…

 

確かに今回分離はしなかったんですけど、うーん、そもそもバターが溶けかけてたのであまり検証にはなってなかったですね。

いつかパウンドケーキのレシピをあげるときにはもうちょっとちゃんと作ってみます。

 

次はおいしい紅茶プリンを作る予定です。

カラメルたっぷりのプリンで贅沢するぞ…!

2時になったので寝ますおやすみなさい。

スポンサーリンク
広告




広告




シェアしてもらえると励みになります…!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする