ペンギンのメレンゲクッキー[おいしいレシピ]

どうも、はまだまです(^^)

最近湿気が激しめで、メレンゲ焼いてもすぐにべったべたしてきちゃうのが悩みです。

ということで今回は、ちょっと砂糖多めにしてべたつき対策してます。

ぺんぎーーん!

きゃーーかわいいーーあいくるしいいーー!

作るたびにレシピ書いてみてはいますが、全部メレンゲなのでほとんど一緒のレシピなんですよね…。

一応書きましょう、レシピです。


材料

〇メレンゲ〇

・卵白     …1個分

・グラニュー糖 …30g

・粉糖     …10g

・コーンスターチ…5g

・色素(黒)  …ちょびっと

〇仕上げ〇

・粉糖     …ちょっとだけ

・水      …ほんの少し

・色素(黒)  …若干

私、メレンゲクッキー作るときは乾燥卵白使ってたんですけどね。

苺とか抹茶とか、メレンゲに味つけるときはそれでいいんですよ。

ただ、何の味もつけないときに乾燥卵白使っちゃうと生臭い(?)感じがして嫌なので、普通の卵白使うことをおすすめします。


準備

・粉糖とコーンスターチを合わせておく

・湯煎用の湯を用意する

・天板にオーブンシートを敷いておく

・オーブンを100℃に予熱する


作り方

スポンサーリンク
広告




1、スイスメレンゲを作る

①ボウルに卵白、グラニュー糖を入れ、混ぜ合わせる。

②湯煎にかけ、50℃くらいまで温める。

③湯煎から外し、めっちゃ泡立てる。

ピンと角がたつくらいの固いメレンゲを作る。

2、粉類を加え、着色

①粉糖とコーンスターチをふるい入れ、さっくり混ぜる。

②色素(黒)をちょっとずつ入れ、灰色にする。

ほら、ペンギンのヒナってちょっと灰色してません?

あれです。

3、ペンギン型に絞り、焼く

①5㎜くらいの丸口金を付けた絞り袋に詰め、絞る。

2㎝くらい上に口金を固定して、ちょっと高さを出すようにして絞ります。

それが胴体部分。

その上に、顔を絞っていきます。

イメージとしては小さいしずく型の感じで。

くちばしは若干上向きにした方が個人的にはかわいいと思ってます。

こんな感じ…写真なくて申し訳ないのですが。

②手をつける。

手を付けたい部分に口金をくっつけて、すっと払う。

ちょっと印付けるイメージで大丈夫です、ちょんって感じ。

100℃のオーブンで80分くらい焼く。

焼けたら10分くらい放置。

4、仕上げる

①粉糖を水と混ぜ、アイシングを作る。

粉糖は目安として大さじ1杯くらいですかね。

水はちょびっとでいいです。

理想の固さは、落として跡が残る程度です。

②色素(黒)で着色。

③先を細く切ったコルネに入れ、目と顔の模様を絞る。

手がぷるぷるするけどがんばる。

④乾いたら完成!


まとめ

北極のペンギンたちは雪かぶってますよね。

ということでかぶせてみました、コーンスターチ。

右の方にいる、今にも飛び立ちそうなペンギンが個人的にはツボです。

ちなみに、焼いている間に顔が取れて、クリーチャーみたくなったペンギンたちもいます。

原因は定かではありませんが、まぁ突然変異ってことにしておきましょう。

お読みいただきありがとうございました!

また次回、お会いしましょう(^^)

スポンサーリンク
広告




広告




シェアしてもらえると励みになります…!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする