パルミエは焼きたてが最高においしい。[おいしいレシピ]

どうも、はまだまです(^^)

先日、知り合いのアーティストの方に、ライブで提供するケーキの制作をお願いされまして。

40人分くらい作ったのですが、やはり誰かのために作るというのは楽しいものですね。

大きいスポンジにたくさんのクリームをばーーっと塗っていく感じ…楽しい(迫真)

何せ私は甘いものが苦手なので、たくさん作っても一人じゃ食べきれないんですよ。

(お菓子のブログ開設してるくせに何言ってんだ)

作るのは好きなんですけどね…食べてくれる人がいれば一緒に暮らしたい。

ということで、本日のお菓子はこちら。

前回のパイ生地を使った、パルミエというお菓子です。

本来であればフィユタージュを使うお菓子なんですけど、…まぁ一言で言ってしまえばこっちの方が簡単なので…。

パルミエというのは、フランス語で「ヤシの葉」を表しているそうです。

見た目が似ているという理由でその名前だそうですが…うーんまぁ言われてみれば…という感じですけども。

砂糖を挟んでいるので、通常のパイ生地よりもザクザクっとした食感に仕上がっています。

ちなみにフィユタージュで作ればはらはらと崩れるような食感になりますが、食べ応えがあるので私は好きですよ、こっちの生地も。

それではレシピです。


材料

・パイ生地     …食べたい分だけ

(パイ生地のレシピはこちら

・グラニュー糖   …たっぷり

(・シナモンパウダー…お好みで)


準備

・オーブンを200度に予熱しておく


作り方

スポンサーリンク
広告




1、パイ生地を伸ばす

グラニュー糖を打ち粉代わりにたっぷり敷き、上にパイ生地を乗せる。

シナモンパウダーを入れる方は、グラニュー糖に適量混ぜて使ってください。

グラニュー糖だけだと万人受けするクセのない味になりますが、シナモンを入れることによって若干味が濃い目につきます。

私はちょっとだけ入れたものの方が好みです。

②3ミリ厚さに四角く伸ばす。

伸ばす大きさについて解説

まずパルミエというものは、両端から1/4ずつ、2回折り込んで成形するものなのですが。

こうして、

こうしまして、

切っていく…といった感じです。

ということで、例えば4センチのパルミエを作りたいときは、16センチ幅に伸ばす必要がある…ということですね。

作りたい大きさ×4の大きさで伸ばせばいいってことです。

うん…日本語ムズカシイナーー

まぁ…読んでいる方に伝わっていると信じて、レシピの続きを書くことにします。

2、グラニュー糖を振り、折っていく

①一面にグラニュー糖をたっぷり振り、生地にめり込ませるようにめん棒を軽く転がす。

両端から1/4ずつ真ん中に向けて折る。

このとき、真ん中は1センチほど空けるようにしてください。

③さらにグラニュー糖を振り、同様にめん棒でなじませる。

④最後に両側を合わせたら軽くめん棒で形を整え、ラップに包んで冷蔵庫で1時間くらい休ませる。

真ん中に隙間を作るのは…

結論から言うと、焼き上がりに穴があいてしまうのを防ぐためですね。

パルミエを一度でも作ったことのある方ならわかるかもしれませんが、隙間を作らないと、焼いている間にパイ生地が浮き上がって穴があいてしまうんです。

(やばいこれ伝えるのめっちゃ難しい)

なんといったらいいのか…生地の厚みの分の隙間、って感じなんですけど…。

………。

作ってみたらわかると思います!!(逃避)

生地を休ませるのは…

一度冷蔵庫で休ませるのは、はさんだグラニュー糖を生地になじませ、落ち着かせるためです。

また、冷やして生地を締めることによって、切り分けやすくするという理由もありますね。

ちなみに今回の動画内では、10分くらいしか休ませていないがためにやたら切り分けにくくなってます。

みなさんは横着せず、1時間…最低でも30分は休ませてあげてください…

3、切り分け、焼く

①冷蔵庫から出し、0,5~1センチ幅に切り分けていく。

押し切りすると層がつぶれてしまう(気がする)ので、前後に動かしながら切ってください。

②オーブンシートを敷いた天板に、切り口を上にして並べる。

焼くと横方向に大きく膨らむので、十分に間隔を空けて並べましょう。

200度のオーブンで合計15分くらい焼く。

途中裏面に焼き色がついたらひっくり返すと、両面きれいに焼くことができますよ。

(うちのオーブンは火力が強いので、余熱190度、焼くときは180度で20分でちょうどいいくらいでした)

ひっくり返すときはトングなどを使うのがおすすめです。

なまら熱いので、火傷には十分注意しましょう。


まとめ

パイ生地を大量に作りすぎて余った!というときには大体これを作ります。

特別な材料は必要ないし、簡単な割に見栄えもしますしね。

タイトルにもありますが、焼きたてが最高においしいお菓子なんです。

バターの香りがふわぁ…と広がる中で、グラニュー糖がザクザクっとした心地よい食感を生み出して…。

焼きたてを思う存分食べられるというのも、手作りの醍醐味ですよね。

今回はしませんでしたが、片側にチョコレートをコーティングしたり、焼くときにパールシュガーをちょちょっと乗せてみたりすると更にかわいいパルミエが出来上がります。

パルミエっていいですよね、見た目かわいいだけでちやほやされて。

いや、見た目がかわいいからちやほやされるのか…

現代の縮図だなこれは…

今回使ったパイ生地のレシピ

意外と簡単、フィタージュラピッドの作り方[おいしいレシピ]

お読みいただきありがとうございました!

また次回、お会いしましょう(^^)

スポンサーリンク
広告




広告




シェアしてもらえると励みになります…!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする