マカロンの空洞とアーモンドプードルの関係[独学でお菓子作り]

どうも、はまだまです(^^)

ちょっと前まで暑いですねとか言ってたのに、最近は若干肌寒さを感じるまでになりましたね。(北海道だけですかね)

テレビでは秋の足音が~とか言ってるの聞いちゃいました。

縁起でもないこと言わないでくれ…寒いのは嫌いなんだ…

さて、相変わらずマカロンの空洞に頭を悩ませている私ですが。

巷で「アーモンドプードルを増やせば空洞が出来づらくなる」と噂が流れているのを聞き、今度こそ空洞がなくなるのでは…と思い…検証してみました。


今回使用したレシピはこちら

毎度おなじみ、Tasty Japanさんの抹茶マカロンのレシピをお借りしました。

スポンサーリンク
広告




材料

・卵白…1個分

・砂糖…30g

・粉糖…40g

・アーモンドプードル…30g

・抹茶…5g

簡単に作り方を説明すると…

①卵白と砂糖でフレンチメレンゲを作る(ピンと角が立つまで)。

②粉糖、アーモンドプードル、抹茶を合わせてふるい入れ、なめらかになるまで混ぜる。

③絞って乾燥させる。

④予熱180度、設定150度で15分ほど焼く。

こんな感じ。

詳しいレシピは動画の概要欄に書いてあったので、youtubeからご覧ください。


こんな感じで実験しました!

①レシピ通りアーモンドプードルを30gで作る

②アーモンドプードルを10g増やし、40gにする

こんな感じで2種類の生地を作り、空洞がどのように変化するのか検証です。

ちなみに動画では150度で15分焼くように言っていますが「160度でピエが出るまで→140度に下げて5~8分」というのがうちのオーブンに合っているようなのでその温度で焼いています。

絞り終わりはこんな感じ

①アーモンドプードル30g

②アーモンドプードル40g

見た目にあまり大きな違いはないようですね。

ただ、40gの方が表面の乾きが30分ほど早かったです。

どちらもダレることなく、扱いやすい生地でした。


結果はこんな感じ

①アーモンドプードル30g

いつも通り空洞。

見慣れたものです。

②アーモンドプードル40g

おっ、これは…!!

空洞が…少なくなっている…!!

やっと…やっと進歩しました…!!

いつも厚みの半分くらいが空洞だったのに対して、厚みの1/3くらいに抑えられています。

なぜだ…?

はまだま的見地

現時点ではっきりとした答えが出てこないので、はまだま的見地を少しだけ…

空洞が少ない=中身の膨らみが大きい

ということになるかと思います。

ビスキュイなどに薄力粉を多く加えると、でんぷんが膨張(糊化)するので膨らみがより大きくなるというのは経験済みなのですが…

アーモンドプードルにはでんぷんも含まれていないし、膨らむ要素はどこにあるんだろう…

たまにコーンスターチ(でんぷん)が入っているアーモンドプードルも見かけますが、今回はアーモンド100%のものを使用しています。

うーん…アーモンドプードルって粒子が大きいし…密度的なアレなのか…??笑

わからん…


まとめ

考えてはみましたが、訳が分かりません。

さっさと結論を述べて寝ましょう。

アーモンドプードルを増やすと中身の膨らみが大きくなり、その分空洞が減る

もっと増やせば空洞が完全になくなったりするのだろうか…もしくは、下火が強すぎるとか…?

下火が強いなら天板の下に新聞紙敷けばいいらしいけど、新聞紙燃えない…??

え…?むず…???

お読みいただきありがとうございました!

また次回、お会いしましょう(^^)

スポンサーリンク
広告




広告




シェアしてもらえると励みになります…!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 野田 香奈子 より:

    こんにちは
    ロールケーキの生地作り検索でなぜかたどり着きました。笑
    お陰様で、ナパージュ!どこで調べても本格的なレシピはなく、
    少量しか使わないから購入するのもなぁ〜って、諦めてました。
    が!コレ次回フルーツタルト用に作ってみようと思います。
    ありがとうございます
    で、本題ですが、ロールケーキの外巻き?にこだわってまして
    どーしても生地の表面が割れるんです〜
    柔軟性のある柔らかい生地ならどうかな?と、思うのですが
    お勧めのレシピなどあれば教えて頂けないでしょうか?
    腕前に不安が大有りなのですが…笑
    宜しくお願いします

    • はまだま より:

      野田様、こんにちは(^^)
      ご返信遅くなりまして申し訳ありません…!

      コツとしては3点ありまして、
      1、生地の水分量を増やす
      2、焼成温度を高めに、短時間で焼く
      3、焼成後、乾燥しないように冷ます
      と、こんな感じかなと思います。

      詳しくはメールにお送りしましたので、合わせてご確認ください(^^♪