作業スペースを確保しつつゴミの分別もできるようなカウンターの紹介です。[はじめての一人暮らし]

どうも、はまだまです(^^)

先日街を歩いていたら、60歳くらいの方から宗教の勧誘を受けました。

もともと立場の違う人の話を聞くのが好きなので、その一環でしばらく話を聞いていたのですが。

「あなたも運に恵まれれば変われるのよ!絶対変われる!」

と言われました。

はて…私はそんなに幸薄そうな顔をしているのでしょうか…。

ということで最近の悩みは、初対面の人に幸薄そうにみられることです。

日本に生まれただけで十分幸せ感じてますよ、といい人っぽいことを言い残してさよならしました。

さて、最近は私が買ってよかったと思う家具について紹介していますが、今回もそんな感じでいきたいと思います。


どこで野菜切ればいいんだよ…

ワンルームや1DKの賃貸マンションだと、キッチンが狭くて作業スペースがほぼない!という方も多いことでしょう。

そう、この写真のように…。

スポンサーリンク
広告




コンロとシンクでいっぱいいっぱいだわ!

はまだま家のキッチンはシンクが広めなので、水切りかごをシンク内に設置することができたのですが。

もっと狭いシンクだと横のスペースに水切りかごを置くことになるので、作業スペースが完全になくなってしまうのではないでしょうか。

一応まな板置くスペースはありますが、隣の洗濯機との隙間に切った食材が落ちたら誰が責任とってくれるって言うんだ!

かぴかぴになったきゅうりがひょっこり顔を出したとき、私はどんな顔をすればいいんだ!

ということになりかねません。

うーむ、困りましたね。


ほかの人はどうしているのだろう

困ってしまったので、先人たちの知恵をちらっと見てみました。

狭いキッチンも諦めないで!賢く使うコツを紹介します♪(外部リンク)

お、同じ悩みを持つ方がたくさんいらっしゃる…!

この中からいいなと思ったものをいくつかご紹介します。

①まな板でシンクを覆う

シンクにまな板を渡して作業スペースにするという、シンクの小ささを逆手にとった方法ですね。

うちのキッチンではできないけど…

②スチールラックで作業台を作る

…?

(立体的なものを図にするのが苦手なので正しいのかわからない)

スチールラックを2個並べ、その上に棚板を置いて作業台の代わりにするという方もいらっしゃいました。

確かにこれなら安価だし、ラック部分に物も収納できていい感じだなぁ…。

ただこういうのは、比較的片付けが得意な人ができる収納術なんでしょうね。

私なんかは片付けが非常に苦手なので、ラック部分の収納の見た目えげつないことになりそうですもんね。

はぁ…かなしいかな…。


私はこれを買ってみました。

 

作業台兼ダストボックスといった感じのものになります。

実はキッチン狭すぎ問題のほかにも、ごみはどこに置いとくの問題で悩んでいた私。

この作業台で一気に解決できました。

おすすめポイント

では例のごとくはまだま的ポイントをお話していきましょう。

①作業スペースを確保しつつごみも隠せる

どんなにきれいな部屋でも、ごみ袋が床に直接置いてあったら部屋の景観が損なわれると思いません?

私、ダストボックスは必須の家具だと思ってるんですよ(持論)。

ということで本当は、作業台のほかにダストボックスも買おうと考えていたんですよね。

ただそれだと場所もとるだろうし、なによりお値段が…という具合に悩んでいた時、この商品を見つけました。

お値段は15990円とそこまで安くはありませんが、作業台+3分別のダストボックスと考えるとまぁ妥当なところでしょう。

②1つ14リットルのちょうど良さは異常

このダストボックス、容量が1つ14リットルなんですけどね?

この14リットルっていうのが、一人暮らしの私にとって非常にちょうど良い容量設定なんですよ。

私は燃えるゴミ、ペットボトル、容器包装の3つに分けているのですが、特に容器包装はけっこうかさばるゴミが多いんですよね。

これがもし10リットルの容量だったとしたら、かなり頻繁に袋を変えないと溢れてしまっていたことでしょう。

また、生ごみ用にひとつはふたつきなので、臭いも気にならないという嬉しい配慮までされています。

なにそれ神かよ…。

③そして意外にもコンパクト

最後のおすすめポイントはこちら。

幅が71cm、奥行き36cmと割と小さめ設計なところです。

そうですね…2人用のダイニングテーブルの幅は大体70~75cmくらいですから、そのくらいと考えていただいていいでしょう。

そんな感じで意外と小さいので、部屋においても邪魔にならないところがお気に入りです。

ちなみにキャスターもついているので、必要とあらば移動することもできます。

ただひとつ注意点です

唯一不満なのは、扉を閉めるときの音が予想以上に大きいところです。笑

すごい音がします、閉めるたびにあの音してたらちょっとうるさいんですよ。

ということで、なにかしらの対処は必要になってくると思います。

ちなみに私は、百均の隙間テープを貼ることで解決しました。


まとめ

引き出しの中身はけっこうたくさん物が入ります。

キッチンに備え付けの引き出しにはほとんど入らなかったので、主にこちらの収納を使っている感じです。

ちなみに、右下のタッパー2つは塩と砂糖なのですが。

特にシールなど貼っていないため、どっちがどっちかわからなくなること必至です。

いつか逆に使ってしまうことを夢見ながら、今日も眠りにつきたいと思います。

お読みいただき、ありがとうございました!

また次回、お会いしましょう(^^)

追記:もうひとつ注意点です。

この作業台、高さが74cmなのですが。もしかしたら、背の高い方からすると若干使いにくいかもしれません。

ちなみに私は145cmなので、ばっちり使いやすいです。

同じくらいの身長の方だったら文句なしにおすすめできますよ。

スポンサーリンク
広告




広告




シェアしてもらえると励みになります…!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする