ふわふわしっとりシフォンケーキ[おいしいレシピ]

どうも、はまだまです(^^)

夏、ということで。

ホラー番組を見てます。

私霊感とかびっくりするほどなくてですね。

どんなに怖そうな状況下にあっても、おばけなんてまったく見たことないわけです。

たまに後ろからけっこうな数の視線を感じますが、そんなときは数年前に亡くなったおじいちゃんの遺影を見て、

「おじいちゃん…私やばめだよ…」

と心の中で語りかけます。

するとどうでしょう、後ろの気配がさーーっと消えていくんですね。

おじいちゃん…心強いぜ…!

さてさて今回は。

シフォンケーキですね~。

うちには食べてくれる人がいないので、ちっちゃめちっちゃめに作るように毎回心がけてます。

よって、これは直径9センチくらいのクグロフ型です。

これから紹介するレシピは、直径12センチの底取れ式シフォン型1台とクグロフ型1台分になっています。

じゃあ作っていきましょう。


材料

・卵白    …2個分(60g)

・グラニュー糖…30g

・卵黄    …2個

・グラニュー糖…15g

・サラダ油  …25g

・ぬるま湯  …25g

・バニラオイル…少々

・薄力粉   …45g

〇飾り〇

・生クリーム …50g

・グラニュー糖…4g

・コアントロ …ちょろっと

・板チョコ  …若干


準備

・卵白は冷蔵庫でよく冷やしておく

・オーブンは170℃に予熱しておく


作り方

スポンサーリンク
広告




1、メレンゲを作る

①ボウルに卵白、グラニュー糖30gのうちひとつまみを入れ、泡立て器で泡立てる。

ビールの泡くらい泡立ったら、グラニュー糖の1/3量を加え、泡立てる。

すくいとれるくらいになったら、残りの半量を加えて泡立てる。

ゆるく角がたつくらいで、残り全部を加えて泡立てる。

ピンと角がたつくらいの固いメレンゲに仕上げる。

グラニュー糖をひとつまみ入れるのは…

メレンゲを作るときにグラニュー糖をひとつまみ入れるのは、粘りを出して泡立てやすくするためです。

ひとつまみっていうのがポイントです。

たくさん入れてしまうと、粘りが強くなりすぎて泡立てにくくなってしまいます

2、卵黄生地を作る

①別のボウルに卵黄、グラニュー糖15gを入れ、すり混ぜる。

②サラダ油を入れて混ぜ、次にぬるま湯を加えて混ぜる。

③バニラオイルも適当に降って入れとく。

④薄力粉をふるいながら加え、しっかり混ぜる。

薄力粉混ぜた後はしっかり混ぜておーけー

シフォンケーキって、メレンゲの力だけで膨らむお菓子なんですよね。

普通のスポンジに比べて粉が少なめなので、ある程度混ぜてグルテンを引き出しておかないと膨らみを保つことができないんです。

骨格をしっかり作っておきたいんですよね。

そういった意味があるので、

「粉入れた後は練らないように…」

なんて、神経質になりすぎなくても大丈夫ですよ。

3、メレンゲと卵黄を合わせ、焼く

①卵黄生地にメレンゲをひとすくい加え、しっかりなじませる

②メレンゲのボウルに戻し入れ、泡をつぶさないようにさっくりと混ぜ合わせる。

③型の7分目くらいまで流し入れる。

シフォン型に入れるのってなかなか難しいんですが、絞り袋使って入れると簡単にできると思います。

動画ではやってないけど…。

④生地が漏れないように真ん中をしっかり押さえ、ふるふるして表面をならす。

つまようじでぐるぐるする。

⑤スプーンで4か所をくぼませ、170℃のオーブンで25分くらい焼く。

⑥焼きあがったら高さのある容器にふせて置き、完全に冷めてから型外し。

メレンゲをひとすくい混ぜ合わせるのは…

この作業をやっておくと、メレンゲと卵黄を合わせるときにより混ざりやすくなるんですね。

混ぜ合わせるものの硬さが同じだと、なじみやすくなるのです。

4、飾ってみる

①生クリーム、グラニュー糖、コアントロを合わせ、すくうと角がおじぎする程度まで泡立てる。

②ケーキを皿の上に置き、皿との境目にクリーム絞る。

③穴にもクリームを絞り、板チョコを細く切って刺して完成!


まとめ

シフォンケーキをうまく作れるかどうかは、メレンゲの良し悪しにかかってきます。

泡立てすぎてぼそぼそになってしまうと、うまくなじまないために混ぜる回数が多くなってしまいます。

結果、泡がつぶれてしまってうまく膨らまない…という事態に陥るわけですね。

その見極めがちょっとだけ難しいかもしれません。

シフォンケーキうまく作れない!という方は、

・メレンゲの泡立て不足or過多

・型に油とか塗っちゃってる

・レシピがそもそもよくない

のどれかだと思いますので、見直してみれば簡単に作れるようになります。

れっつチャレンジ!

もし膨らまなかったら…?

そうですねぇ、私なら…

①薄く切ってトースト→バター塗って食べる

②ざるで裏ごし→クラムにする

③2センチ角くらいに切って、クリームやフルーツとともにグラスに盛る→トライフル!

こんな感じで、いくらでもおいしいお菓子に変貌させることができます。

お読みいただき、ありがとうございました!

また次回、お会いしましょう(^^)

スポンサーリンク
広告




広告




シェアしてもらえると励みになります…!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする