じゅわっとアップルパイのフィリング[おいしいレシピ]

どうも、はまだまです(^^)

最近20歳の誕生日を迎えたので、毎晩お酒を嗜むようにしているのですが。

体質でしょうか、すぐに顔が赤くなって頭が収縮する感じになるのが悩みです。

いつか友人たちと飲みかわすのが夢だというのに…これではいつまで経っても叶わぬな…。

さて今回は、アップルパイの中に入れるフィリングの作り方をご紹介したいと思います。

作っている最中の写真しかないのが申し訳ないのですが。

りんごを切っててきとーに煮込んでおくだけで簡単にできちゃいます。

フィリングにはアーモンドクリームを入れたり、りんごを軽くキャラメリゼしたりする方もいるようですが、私が作るのは割とシンプルめなものになります。

りんごの味がしっかり味わえるような感じですね。

それではレシピです。


材料

・りんご   …2個

・無塩バター …10g

・三温糖   …90g

・レモン汁  …適量

・バニラオイル…少量

・ラム酒   …少量

・シナモン  …適量


準備

・特になし


作り方

スポンサーリンク
広告




1、りんごをスライスする。

①りんごの皮をむき、8つ割りにする。

芯を取り、7ミリくらいにスライスする。

切ったものから薄い塩水につけておく。

りんごの切り方について

りんごの切り方については、お好みで変えて大丈夫です。

4つ割りでもいいし、スライスの薄さも薄かったり厚かったり、好きにしてください。

私はりんごの食感があまり残らないものが好きなので、いつも小さめに切っています。

2、水気がなくなるまで煮込む。

①フライパンにバターを熱し、りんごをどさっと入れる。

三温糖、レモン汁、バニラオイルも加え、しばらく放置。

③しばらくするとりんごの水分が出てくるので、ときたまかき混ぜながらさらに放置。

④そのまま水気がなくなるくらいまで加熱します。

ここでしっかり水気を飛ばしておかないと、パイ生地の中に詰めて焼いたときにパイ生地がしなしなになってしまうので注意しましょう。

三温糖を使うのは…

三温糖のコクのある甘みがりんごと相性ばっちりなんですね。

もちろんない場合はほかの砂糖でも大丈夫ですが、大事な人に食べさせるときなんかは三温糖で作ってみてください。

普通の砂糖で作ったときより数倍おいしくなっているはずですから。

3、仕上げて完成!

①ラム酒を回しいれ、アルコールを飛ばして風味だけ残します。

引火させてフランベができるならそうして欲しいところですが、くれぐれも無理はしないようにしてくださいね。

ちなみに私が以前やったときは天井に届くくらいまで火柱があがったので、もうやらないと決めています。

もしフランベできなくても、しばらく混ぜながら加熱しとけば飛ぶので大丈夫ですよ。

②シナモンパウダーを入れて完成!

苦手な人は入れなくてもおーけーです。


まとめ

フィリングができたら冷凍パイシートに挟んで焼くだけで、あっという間によそ行きのアップルパイに仕上がります。

できることならパイ生地から手作りすると本当にさっくさくでおいしくなるので、時間があるときはそちらもおすすめですね。

パイ生地のレシピが完成したらまたあげることにします。

お読みいただき、ありがとうございました!

また次回、お会いしましょう(^^)

スポンサーリンク
広告




広告




シェアしてもらえると励みになります…!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする