刹那的さくほろクッキー[おいしいレシピ]

どうも、はまだまです(^^)

クッキーって不思議なお菓子ですよね。(突然)

お腹がいっぱいのときでも、つい手が伸びてしまう…そんな魅力的なお菓子だと思います。

まぁ、つい手が伸びてしまうという点では揚一番も負けてませんけどね。

(ほんとにおいしいよね)

ということで今回は、そんな魅力的なクッキーのレシピです。

タイトルにもある通り、ファーストインパクトはさくっと、セカンドインパクトはほろっと…そんな感じの食感に仕上げました。

口の中で崩れるように消えていく、刹那的クッキーです。

刹那的クッキーってどんなパワーワードだ。

レシピです。


材料

(4cmの菊型20枚分くらい)

・無塩バター…60g

・グラニュー糖…30g

・卵黄…1/2個

・塩…少々

・バニラオイル…少々

・薄力粉…70g

・ベーキングパウダー…0.5g


準備

・バターと卵黄は室温に戻しておく

・天板にオーブンシートを敷く

・オーブンを180度に予熱しておく


作り方

スポンサーリンク
広告




1、バターにもろもろ加えて混ぜる

①ボウルに無塩バターを入れ、泡立て器で軽くほぐす。

②グラニュー糖を加え、すり混ぜる。

泡立てるのが目的ではないので、全体が均一に混ざるくらいで大丈夫です。

③卵黄も加えて混ぜる。

④塩とバニラオイルもどんどん加えてばばばっと混ぜていく。

ここまでは混ぜるだけ、特にコツはないです_(:3 」∠)_

2、粉を加え、冷蔵庫で休ませる

①薄力粉とベーキングパウダーを合わせてふるい入れ、ゴムベラでさっくりと切るように混ぜる。

粉っぽさがなくなってところどころに塊ができるくらいになったら、ラップに包んで冷蔵庫で30分以上休ませる。

余裕があれば1時間くらい休ませると、生地がしっかりして扱いやすくなりますよ。

刹那的食感のポイント

全体がひとまとまりになる一歩手前で混ぜるのをやめることで、さらにはかない食感になります。

ちなみにベーキングパウダーを加えると軽い食感になるので、そういった目的で入れています…多分なくても普通においしいです(小声)

3、型で抜き、焼く

①台に強力粉を振り、その上で生地を軽くまとめ直します。

四隅が一番硬いので、四隅を中に折り込んでいくようなイメージで。

②全体の硬さが均一になったら、3mmくらいの厚さに伸ばしていきます。

伸ばし方のコツについては動画をご確認ください_(:3 」∠)_

③お好きな型で抜き、天板に乗せたら170度のオーブンで10~12分ほど焼きます。

ちなみに私の火力の強いオーブンでは160度11分がベストでした。

ちなみにうちのオーブンは…

毎回「うちの火力が強いオーブンでは…」って書いてるような気がしますので、ここらでうちの子がどんな子なのか紹介させていただきたいと思います。

日立さんのヘルシーシェフシリーズですね。

私はもともと天板が丸いタイプのものを使っていたのですが、その天板の小ささに嫌気が差して買い替えを決意したんですよ。

確かに天板は大きい…その点は大変満足しているのですが。

レシピ通りの温度で焼成すると、まぁ大体焦げますね。笑

マイナス10度でちょうどいいくらいです。

このオーブンのレビューについては、またいつかの記事で詳しく書きましょうかね。


まとめ

動画内でちょっと触れましたが、全卵を使うか、卵黄のみ、卵白のみを使うのかで食感がけっこう変わってくるんですよね。

それの検証記事もいつか書きたいなと思っています。

検証したいもの多すぎてどれから書けばいいのかわからなくなってくるっていう悪循環。

次はどれ書いたらいいんだろう…悩み…

お読みいただきありがとうございました!

また次回、お会いしましょう(^^)

スポンサーリンク
広告




広告




シェアしてもらえると励みになります…!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする