紅茶とオレンジピールのしっとりパウンドケーキ[おいしいレシピ]

どうも、はまだまです(^^)

先日、ワゴンセールでロールケーキのレシピ本が安くなっていたのでつい買ってしまったんですよ。

その中にビスキュイを使ったロールケーキのレシピがあったんですけど、粉の割合が通常より少なめだったんですよね。

一方別のレシピ本では、「ビスキュイがふんわり膨らむのは、多めに加えた粉のでんぷんが糊化、膨張するため」とかなんとか書いてあって、配合が多めだったりして。

…何が違うんだ…?

ロールケーキのときは少なめ配合の方が巻きやすい生地になる、とかあるんですかね。

最近ずっと疑問に思っているので、比較検証してみたいところです。

(こういう細かいところを記事にして需要があるのかは疑問ですが…)

さて今回のレシピですが、まずロールケーキとは何の関係もありません。

紅茶とオレンジピールのパウンドケーキです(*’ω’*)

昔あげた紅茶のパウンドケーキと大体同じですが、人に贈るように作ったのでちょっとレベルアップしたものになっています。

前のレシピに比べてバターを少し増やしたり、牛乳を生クリームに変更したり…あとは使う酒も変えてみたりしてますね。

普通パウンドケーキはバター・砂糖・薄力粉・卵を同割合で混ぜて作りますが、今回は軽く仕上げるために少しバターを減らしているのがポイント。

それと、食べたときのしっとり食感を生み出すために生クリームを入れるのも大事なところです。

そして周りにつけたレモン風味の砂糖衣の硬めな食感も大好きです。

サクッとしっとりのコントラストがまたいいんですよ。

そう、このケーキはおそろしくしっとりしてるんですよ、そこは自信持てます。

なんだかぐたぐた語ってしまいましたが、結論オレンジピールは神(語彙力)。

ではレシピです。


材料

(16.5×7×6くらいのパウンド型1台分)

〇ケーキ〇

・無塩バター…90g

・グラニュー糖…100g

・卵…2個(100g)

・薄力粉…100g

・紅茶のティーバッグ…1袋

(今回はアールグレイを使用)

・オレンジピール…50g

・生クリーム…20g

〇シロップ〇

・水…50g

・グラニュー糖…25g

・コアントロ…ちょちょっと(量ってないけど10gくらいかなぁ)

(グランマルニエでも可。オレンジ系がおすすめ)

〇グラスアロー〇

・粉糖…40g

・水…6g

・レモン汁…4g


準備

・型にオーブンシートを敷いておく

・バターはスッと指が入るくらいの固さに戻す

・卵も室温に戻しておく

・オーブンを180度に予熱しておく


作り方

スポンサーリンク
広告




1、生地を作る

①ボウルにバターを入れ、ゴムベラか泡立て器で柔らかく練る。

②グラニュー糖を加え、白っぽく十分に空気を含むまで泡立てる。

➂溶きほぐした卵を少しずつ入れ、その都度滑らかになるまで混ぜる。

一気に入れるとあっという間に分離してしまうので注意。

④薄力粉をふるい入れ、ゴムベラで練らないようにさっくりと合わせる。

⑤半分くらい混ぜたら、紅茶とオレンジピールも加えて混ぜていく。

オレンジピールはほぐしてから入れた方が、全体に均一にいきわたります。

ツヤが出るまでさっくり混ぜたら、生クリームも入れて滑らかになるまで混ぜる。

バターの固さと分離について

はい。

今回の動画で、あろうことか分離させてしまった私ですが。

このようにバターや卵が十分に室温に戻っていないと、油+水分で混ざりにくいものがさらに混ざりにくくなってしまいます。

まじ大事です、室温に戻すの。笑

バターが硬い時は、ワット数低めのレンジで少しずつチンして様子を見てください。

卵も冷たい時は、溶きほぐして湯煎にかけ、若干温めてください。

もう、私みたいに分離の悲劇を繰り返さないでください…(切実)

2、型に流し、焼く

①型に流し、真ん中をへこませるようにならす。

型ごと数回台に打ち付けて空気を抜き、170度のオーブンで40~50分焼く。

(相変わらずうちのオーブンは火力が強いので、160度で45分くらい焼いてちょうどいいです)

②焼き始めて10~15分くらいで表面に膜ができるので、濡らしたナイフで真ん中に一本に切れ込みを入れるときれいに割れます。

焼き上がりは、つまようじを刺してみて生の生地がついてこないようであればおーけー。

3、シロップを作り、塗る

①焼いている間にシロップを作ります。

鍋に水、グラニュー糖を合わせて沸騰させる。

粗熱がとれたところにコアントロを入れて混ぜ合わせる。

➂ケーキが焼きあがったら紙をはがして網に乗せ、熱いうちにシロップを全体に塗る。

側面や割れている部分にも塗り込みます。

④5分くらい置いて表面を乾かす

4、グラスアローも塗り、乾かす

①グラスアローの材料を全て合わせ、シロップ同様ケーキ全体に塗っていく。

②網ごと天板に乗せ、200~250度のオーブンで表面を乾燥させる。

焼きすぎるとあっという間に砂糖が結晶化してしまいますので、200度なら1分くらい、250度なら30秒くらいですかね。

焼いている間はオーブンに張り付いて、結晶化しないように見張っておくと良いです。


まとめ

試したことはありませんが、グラスアローの水分の一部を酒に置き換えて作ってみてもおいしいかもしれませんね。

ちなみにグラニュー糖は、お好みに合わせて減らしたりしてもおーけーです。

100gだとまぁ…ちょうどいい感じになります。

90gにするとちょっと甘さ控えめな感じ。

私は100gの方が好きですが、たくさん食べるなら90gの方が飽きなくていいかもしれません

まぁ、本当に好みの問題ですね笑

そしてオレンジピールについて、今回50gで作りましたがもう少し多くてもいいかな?と個人的には思いました。

最初にも言いましたが、オレンジピール神だから!!(急に語彙力)

みなさんの好きな配合を見つけ出してください、そしてパウンドケーキのしっとり食感に酔いしれましょう_(:3 」∠)_

お読みいただきありがとうございました!

また次回、お会いしましょう(^^)

スポンサーリンク
広告




広告




シェアしてもらえると励みになります…!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする